車種別リスト
Super86 関連情報
大阪オートメッセ2014 / 東京オートサロン2014 / 東京モーターショー / お台場モーターフェス in MEGA WEB / 動画&フォトレポート / Fuji 86 Style 2013 / 新城ラリー2013 / 全日本ダートトライアル選手権2013 第3戦 / 日本ダートトライアル選手権2013 第2戦 / ハイパーミーティング2013
TOYOTA 86"Racing" コンプリートカー / 86/BRZ車両パーツ

スーパー86

スーパー86-2

まずは動画をご覧いただこう。全日本ダートトライアル選手権第2戦@モビリティおおむた。総合トップタイムを叩きだしたスーパー86の車載カメラ映像だ。

戦いの後、さまざまなメディアがモンスター田嶋/スーパー86の活躍を報じたが、扱いは大きく2つに分かれた。
1つは凄い走りだった、大いにイベントが盛り上がった、10年ぶりの国内ダートラでも衰えず、さすがモンスター、というもの。 もう1つは、主に海外メディアが一斉に報じたもので、「パイクスの伝説・モンスター田嶋は、Toyota GT86でプジョーのセバスチャン・ローブと真っ向対決!」

これにはモンスター本人も驚いたようだ。
結論からいうと、スーパー86のパイクスピーク出場はない。
2013も昨年に引き続きEVで出場。徹底した改良を施したマシンで、次世代自動車の可能性を極限環境で追及する。 もちろん出場するからには総合優勝を狙う。

スーパー86そしてスーパー86は、当初予定になかった全日本ダートトライアル第3戦への出場を急遽決定した。
世界が日本のモータースポーツに注目する中で、スーパー86が再びその雄姿を現す。

全日本ダートトライアル選手権の魅力のひとつとして、「D車両部門」の存在が挙げられる。
【SC車両より改造範囲が広い。自動車登録番号標(車両番号標)を有さない車両。】
誤解を恐れずに言えば「何でもアリ」のクラス。グラベルを使用する競技として比較されるラリーには公道セクションがあるため、この点だけは絶対に真似ることができない。

「何でもアリ」といえば…ヒルクライムだ。
モンスター田嶋は2011年のパイクスピーク6連覇、世界記録更新まで「アンリミテッドディビジョン」に挑み続けた(2012年からは「エレクトリックディビジョン」に参戦)。

未だにモンスターの代名詞として語り継がれる"ツインエンジン"も、デビューは全日本ダートラだった。
「King of the Mountain」の原点はダートラにある。

その意味で言えばスーパー86がデビューウィンを果たした直後、世界各国の複数メディアが期待を込めて報じたことも、あながち見当違いとは言えないだろう。

ファンの皆様や関係者からの熱い応援メッセージにより実現した、第3戦「北海道ダートスペシャルinスナガワ」への出場。全国屈指の超ハイスピードコース、オートスポーツランドスナガワのダートトライアルコースに、モンスター田嶋とスーパー86が挑む。世界へ、そして再び国内へ。

モンスターのチャレンジはこれからも続く。

インタビューを受けるモンスター田嶋
2013年JAF全日本ダートトライアル選手権 第3戦 北海道ダートスペシャルinスナガワ
日程 2013年5月26日(日)(公開練習/5月25日)
会場 オートスポーツランドスナガワ(北海道砂川市オアシス町158) 詳細>>
観戦チケット 前売:1,500円 当日:2,000円 中学生以下は無料



■お問い合わせはこちらから

 

Loading

モンスターオンラインショップでオンライン通販

アイコンの説明
モンスターオンラインショップ:Monster-shop.jpで購入
楽天:タジマ楽天市場店で購入
yahooショッピング:タジマYahoo!店で購入
Amazon:Amazon.co.jpで購入

■新車・中古車販売
■コンプリートカー作製
■車検・法定点検
■点検・整備
■パーツ販売・取付
■チューンアップ
■モンスターオンライン
 ショップ購入商品の受取
Share (facebook)